×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


住宅設計・建築設計事務所のための納まり図集、各種収まり図、マイホームデザイン、店舗、ビル設計資料

設計事務所・ハウスメーカー・施主仕様


家づくり、建築設計のパートナーサイト


オサマリズコムでは図面の収まり図の解説をします。
お役立ちサイトもわかりやすく分類
納まり図面の解説と誰でもわかる画像つきです。
ホーム 収納の収まり 建築防水の納まり 階段の納まり 建築の外部ガーデニング 住宅玄関収納の納まり


納まり図一覧

収まりの解説
外部の納まり
内部の納まり


壁の納まり
床の納まり
天井の納まり
巾木の納まり
その他の納まり

住宅をつくるときには天井と壁の間の部分、壁と床の間の部分、窓の周りなどの納まりでインテリアが大分印象がかわってしまします。

スポンサードリンク














































































URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録


住宅の外部の床に石やタイルを敷きたい場合の納まりだが
目地は石材矢タイルの精度によって1mmも可能だが
一般的には5・6mmとって材料の大きさの違いを吸収する
いきなり土に石材を敷く場合は
セメントと砂を混ぜ込んで施工する方法があるが
一般的には一度コンクリートの下地を作ってから施工する
ガーデニングでタイルの床のテラスを設けるときも
テーブルなどを配置して家の外で楽しむのだから
テーブルが水平になるように下地をしっかり作って
それからタイルを施工する。
住宅の中庭に施工する場合も同様だが
水勾配を排水に向かってとる場合も多い

住まいのデザインによってはモザイクタイルの施工もある
その場合も一度下地を作ってから貼りこむ



輸入タイル・国産タイルとも焼き物は誤差がある場合がある
テラコッタなどはさらに厚みの誤差もある
誤差を吸収しながらタイルを貼るために下地を平滑にして
目地を取りながら施工する
施主支給の住まい・施主施工の住まいでも
下地をきちんと作って施工したい







■住まいに関するお勧め書籍
■防水を知ることでいろいろな各部材が生きてきます。



キーワードアドバイスツールプラス




ホーム/外部/内部/壁/床/天井
Copyright (c)2008 osamarizucom All Rights Reserved.